探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

岩手県のクマ出没は内陸M5.5地震の前兆でもあった?

スポンサード リンク

今朝、岩手県内陸南部でM5.5の直下型地震があった。
岩手県の内陸と知って「うわっ」と思った。
やっぱりクマ出没は地震前兆だったのかと。
6/8の記事を読んでいないと、以降書くことの意味が通じないかもしれないので、まずこちらを読んでください。


岩手県のクマ出没は内陸M5.2地震の前兆だった


いま考えてみると、上記の記事のタイトル最後に「?」を付けるべきだったな。
断定的ではなく、可能性として書いていたので。
前記の記事では、地元の方からの貴重な情報もコメントでいただいた。
今年はじめから宮古市あたりでのクマの出没が起きていた件に関しては、6/8の岩手県沿岸南部M5.2の前兆とはとても思えない。
それで、岩手県でもっと大きな地震が起きるのではないかという懸念があった。


そして、たしかに起きた。
自分がイメージしていたのは、沖合のM6規模以上の大地震だったが、また内陸の地震だったとは。


下記のGoogle Earthの地図で、オレンジ色の丸印が今朝のM5.5の震源で、黄色の丸印は前記の記事で書いた6/8のM5.2の震源だ。
f:id:nmomose:20140615233332j:plain


下記ページに、クマ出没の分布地図がある。
ここで青い印が、今年度(4月以降)の出没地点だ。


ツキノワグマによる人身被害状況・出没状況について


それにしても、まだ納得がいかない。
この程度の規模の地震の4ヶ月前後も前から、クマが出没していたとは。
今年はじめといえば、まだ冬季で、クマたちは冬眠中だっただろう。
やはり地中に住んでいたクマが、陸上で生活していた動物よりも地震前兆のパルス電磁波などを敏感に捉えていた可能性はあるだろう。


だが、下記の情報などを見ると、今年はブナの凶作が予想されるため、「子連れクマが出没する可能性が高いうえ、夏から秋にかけては、多くのクマが食物を探して広範囲に動き回り、人里周辺に頻繁に出没するものと予測しています」とある。


「ツキノワグマの出没に関する注意報」の発令について


これらを考慮すると、判断が難しいが、クマの出没が多発しているのは、エサ不足と地震前兆の両方の原因があるということも考えられるかもしれない。
今後さらに、岩手県周辺のクマ出没例と地震発生上方に注視することにしたい。


※なんじゃこりゃ?

熊出没注意 ラーメン 醤油味 1食

熊出没注意 ラーメン 醤油味 1食

リトルバスターズ!EX クド出没注意ステッカー

リトルバスターズ!EX クド出没注意ステッカー

コンパル 熊よけベル 大

コンパル 熊よけベル 大

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)


http://instagram.com/p/pQUtvwo2vM/
【愛弥美】買ったばかりのミニーちゃんの髪飾り。



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.