探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

村井俊治氏が岐阜、山梨、長野、函館で地震を予測~百瀬の体感など

スポンサード リンク

昨日の記事に続いて、村井俊治氏の記事が2日連続になってしまうが、重要な追加情報を。


今日掲載されたNEWSポストセブンの記事によると、村井俊治東大名誉教授が日本の幾つかの地点で地震に注意を呼びかけている。
首都圏地震的中の東大名誉教授 岐阜、函館、青森に警戒必要


ここで書かれている、岐阜、山梨、長野が5・6月に注意ということは、以前の記事で書いた。
岐阜の変動については、こう語っている。

「2月に7センチにも及ぶ地表の上下動が観測されていた高山を中心に、ゴールデンウィーク頃から地震が増えている岐阜県周辺は引き続き注意が必要です。地表の上下動の大きさから見ると、これから6月くらいまでの間に震度4から5クラスの地震が来る可能性は十分あると思います」
週刊ポスト2014年5月30日号より)


それに加えて、今回新たに基準点で動きがあったのが、函館だという。
ただ、19日に北海道東方沖でM4.2最大震度3の地震があったが、これが対応する地震なのかもしれない。
「距離的にも函館に近い青森は、注意をしていたほうがよいでしょう」と村井氏が語っていたからだ。


今日も長野県南部でM2クラスが3回ほどあった。
松原照子さんも、5/8に速報として関東・中部は特に注意が必要と書いていたが、さてどうなるか。

百瀬の体感

先週の記事で書いた私の体感だが、対応する発震が週末になかった。
もしかすると、連日のように続く「後ろ頭の頭痛」は、体感ではないのではないかという気がしてきた。
というのも、首を回すと痛みがあって、どこか骨がずれているために頭痛が起きている可能性を考え始めたのだ。


もっとも、今日も耳圧+耳鳴りがあったので、これから大き目発震ということも、あるかもしれないが。
今(5/20 22:10)も自宅で強いセミ鳴きの耳鳴りが続いているので、やはり関東近辺で中規模ぐらい揺れるのかもしれない。


東海地震も関東大地震も起きない! ~地震予知はなぜ外れるのか

東海地震も関東大地震も起きない! ~地震予知はなぜ外れるのか


http://instagram.com/p/oMxhEBI2s-/
【愛弥美】おはよ。Ohayo.



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.