探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

封印された戦時中の3大被害地震

スポンサード リンク

さきほど、TOCANAで私が執筆した記事が掲載された。
第二次大戦中に千人以上の不幸が出た地震は3回もあったことを、ご存知だろうか?
それは、鳥取地震(1943)、東南海地震(1944)、三河地震(1945)だ。
まずは記事を読んでください。


戦時中は、大空襲、原爆投下などの災難だけでなく、大きな被害地震が3回も起きていたのだ。
こんなことが偶然で起きるものだろうか?
狂気の道を突っ走る日本が、あのまま敗戦していなかったら、どうなっていただろうかと考えると、恐ろしい。
もっと早く降伏していたら、犠牲になった人々を減らすことができただろうに。


「戦争や原爆は日本に二度とあってはならない」
当時の人々はみなそう思っただろうが…。
60年以上たって、忘れてしまったのか。
気づいてみると、戦争への道を突っ走る「恐怖の男・安倍氏」の時代になっていた。


万が一中国などとの戦争になったときに、また南海トラフ地震のような大災害が起きたら…?
また太平洋戦争の時のように報道管制が敷かれて、被害も秘密にされて…。


今日の松原照子さんのブログ世見は「政府の動きに目を離さないで」。
「我国の自衛隊が軍隊になる日が近付いている気さえしています」とある。
戦争と原発の道をひた走る政党を、なんで選ぶのかな。
今の世の中、本当に理解に苦しむことだらけだ。


今日の「世見」は、こちらに転載されています。


「恐怖の男・安倍氏」の記事をまだ読んでいない方は、こちらに。


「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる

「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.