探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

奈良で震度7は誤報…でもバヌアツの法則が…

スポンサード リンク

今日16:55頃、職場で私や周囲の人々の携帯が一斉に鳴り出した。
緊急地震速報だ。
直後に届いた「ゆれくるコール」では、奈良で震度7とある。
同時に、茨城県北部震度3というのも何度かとどいた。


周囲では「奈良だって」と、安心し切った表情を浮かべる人々が。
ちょっとちょっと、直下型で震度7といったら、M7クラスで、不幸が多数出る規模なのに…。


串田嘉男氏が予測する琵琶湖周辺の地震がやっと起きたかとか、
これも南海トラフ地震の前兆だろうとか、
バヌアツの法則がちょっと早めに発現したかとか、
色んなことを考えたりして。


でも、奈良で震度7茨城県北部で震度3といったら、とてつもない巨大地震で、M8以上は行くだろう。
もしかして、誤報ではないか?
そう思い始めた。
こういう時にも、冷静さが必要だ。
そう、こんな震度分布は、通常あり得ない。


結局、気象庁の発表によると、地震計がノイズを拾った結果の誤作動だということがわかった。
新幹線も止まったというから、お騒がせな誤報だ。

バヌアツの法則

だが、安心してもいられない。
上にちょっと書いた「バヌアツの法則」だ。
私のTwitterをフォローしている方は、情報を流しているからご存知だろう。
バヌアツで大きな地震があると、その数日から10日ぐらい後に、日本近海で同じ位の規模の地震が発生する。


直近では、8/6にM5.7とM5.9の地震があった。
そのため、「真実を探すブログ」では、8/10から8/17頃まで日本近海の大きめの地震に注意を呼びかけている。
詳細は下記ブログを。


一方、バヌアツの法則を発見した技術者BOPPOさんのツイートによるど、以下のようになる。

バヌアツの法則】過去2年のバヌアツ対応を再調査
対応を東日本に限定しなければ、対応率は何と9割!
遅延は3〜9日で、規模は90%が±M1の範囲
然るに8/7バヌアツM6級2連発の対応は8/10〜8/16に
M5〜M7が9割となる… http://t.co/BZrW26vwGF


…ということで、8/10から8/16には、M5あらM7程度の地震に注意ということだ。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.