探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

今日からタイフェスティバル2013東京

スポンサード リンク

今日5月11日から2日間、東京・代々木公園でタイフェスティバル2013(東京)が行われています。
今日はあいにくの雨だったけれど、明日12日は晴れる予報で、今日パスした人々も含めて来場者数がいつになく増えると予想されます。
昨年の情報を書いた記事はこちらにあります。


今年の出店者リストは、こちらにあります。


上記をみても、たくさんありすぎてどこが良いのかわからないという人は、こちらのページが参考になります。


タイ料理というと、すぐ「トムヤムクン」を思い出すだろうが、タイフェスでは意外と少ない。
理由は、おそらくクン(エビ)が原価が高くて、500円で売るにはやりにくいというのがあるのかも。


タイ料理として、おいしいけれど、意外と知られていないものをあげると…

  • ゲーン・マッサマン(マッサマンカレー):南部イスラム教徒の料理

  • カオソーイ(タイ北部のカレー麺)

  • プーパッポンカリー(カレー粉を炒めたカレー。カニを使ったのがなければ鶏肉のガイパッポンカレー)


上と重複するものがあるけれど、個人的に私とサルちゃんが食べたいものは…

  • カオソーイ(タイ北部のカレー麺)→本物のカオソイを食べたい
  • スイカジュース
  • プーパッポンカリー(カニを使ったのがなければ鶏肉のガイパッポンカレー)
  • トゥリアン(昨年は1房600円ぐらい)
  • ソムタム(青いパパイヤの激辛サラダ)


ちなみに、出店料は、レストランブースで27万円とか。
たとえば500円の料理を540個売ってやっと回収できる金額。
これは原価とか無視した単純計算で、2日で1000個ぐらい売って、やっとトントンぐらい?
儲けを出すのは厳しいと思うけれど、それでもこんなたくさんの店が出るということは、店のPRなのかな?
入場料がないため、どうしても出店側に費用の負担がかかってしまうのは可哀想なところだ。

タイフェスティバル2011の様子

昨年もビデオに撮ったのだけど、考えてみたら、まだビデオ編集していなかった。
2011年は大震災の影響で、規模縮小して会場が靖国神社参道だった。
その時の映像をYouTubeで3部に分けて投稿しています。
タイフェスティバル2011 東京 1/3〜3/3


最新の情報を得るには

Twitterでは、「 #タイフェス 」のハッシュタグで検索すれば、いろいろ情報が出てきます。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.