探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

最近の魚類の異常

スポンサード リンク

今月はM6クラスの地震が全国で相次いでいるが、最近はクジラ・イルカの座礁なども多く見られるようになった。
それらの一部を紹介することに。

三重県鳥羽市で迷いクジラ1頭

三重県鳥羽市の答志島東側沖合約150メートルの伊勢湾で、4月25日早朝、ロープに絡まり身動きできなくなった10メートルを超すクジラは、漁師らの手際よい作業によって、再び太平洋へ戻った。

◎静岡県でコマッコウ1頭が座礁

4月7日午前11時ころ、静岡県湖西市新居町浜名の遠州灘海岸で、小型のクジラが打ち上げられ、波打ち際で海に戻れないでいた。

◎千葉県館山市マッコウクジラが死亡

館山市の平砂浦海岸で4月25日、小型のクジラが打ち上げられているのが見つかった。
体長3.15mで、雌のコマッコウとみられ、その後死亡した。


◎鹿児島県でイルカ座礁
4月26日、鹿児島県南さつま市笠沙町片浦の海岸に、イルカ31頭が集団座礁して死んだ。
イルカは太平洋の温暖な海域に生息するスジイルカで、体長1.4〜2.3m。

テレビ朝日サンデースクランブル」4/28

今月に入り大きな地震に襲われている日本列島。
今月17日には三宅島で震度5強を記録する揺れが発生。
東京大学名誉教授の笠原順三氏は三宅島地震相模湾近辺にも影響を及ぼすことを指摘。
笠原教授は、浜名湖周辺でスロースリップが始まったと語る。
静岡県浜松市の山間部で起きている地滑りもスロースリップ現象と因果関係があるのではと笠原教授。


天竜川では、1万匹を超える稚アユの死骸が見つかった。
国土交通省によると流域の工業用排水に異常はないが、川の水の水素イオン濃度が高くなる異変が起こっていたとのこと。笠原教授は、地下で断層運動が起きて水素が発生した可能性がないとは言えないと分析。
今月7日にコマッコウが打ち上げられた静岡県湖西市
浜名湖では、アサリが少ないことを理由に潮干狩りは中止された。


浜名湖から北におよそ40キロの地点では低周波地震が観測されている。
笠原教授は地震を誘発するスロースリップ現象が始まったと咆哮されている。
2000年の三宅島の噴火の際も浜名湖の地下でこの現象が起きており、浜松市の天竜川上流で続いている地滑りについてスもロースリップ現象が関与している可能性もあるとのこと。
「天竜川の断層が南海トラフの運動に影響する可能性がないとはいえない」と笠原教授。


上記のような現象は、南海トラフ地震が想定される区域で少なからず起きているように思われるが、たんなる偶然だろうか。
今後も注意することにしたい。

最近の大きな地震

今月中旬以降に、下記のようにM6.0以上の大きな地震が相次いで起きた。

  • 2013年4月13日5時48分、淡路島付近、M6.0、最大震度6弱
  • 2013年4月17日18時02分、三宅島近海、M6.2、最大震度5強
  • 2013年4月19日12時13分、千島列島、M7.0、最大震度4
  • 2013年4月21日12時28分、鳥島近海、M6.7、最大震度2


これらの地震のいずれも、今年はじめ頃から頻繁に起きていた深海魚・クジラ・イルカなどの漂着に関連していたのかもしれない。
後日、個々のケースと、どの地震に対応するかを検討してみたい。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.