探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

カムチャッカ半島でM6.7の地震〜ロシアの地震予測的中

スポンサード リンク

今日の日本時間22:20に、カムチャッカ半島でM6.7の地震があった。
USGSなどでは「Kuril Islands」つまり千島列島となっているが、実際の震源カムチャッカ半島の先端あたりから20〜30Kmほど東の沖合だ。


1月からのリュウグウノツカイサケガシラの漂着は、この地震に対応するものだった可能性がある。
だが、西日本の日本海側あるいは太平洋側で今後大きな地震が発生する可能性も考えておかなければならない。
そのへんは判断が難しいところだ。


Google Earthから切り取った地図を載せておく。
右上のオレンジ色の◯印が震源だ。

ロシアの地震予知サイトが予測

ところで、ロシアの地震予知サイトで、毎日更新される世界の地震予測の地図がある。
ロシアVoskov博士が行なっている予測で、1日前と、48時間前の2種類の地図がサイトに掲載されている。
Twitterの宏観レンジャーでは、この2つの地図に毎晩リンクを張って自動でツイートしている。


昨日2月28日に予測された3月2日の地震予測の地図を見ると、なんとカムチャッカ半島の先端に緑色の丸印がついている。
下記の画像がそれだ。
青:M4-5、緑:M5-6、紫:M6-7、赤:M7以上となっているから、M5.0〜M6.0の地震を予測していたことになる。


実際の地震はM6.7とちょっと大きめだったが、位置的には予測地点から300Kmほどしか誤差がなかった。
どのような手法かわからないが、すばらしい地震予知だといえる。

秋田でも強い前兆?

じつは今朝9:10に、秋田市在住の女性が宏観レンジャーに以下のような報告をツイートしてくれた。


電波時計がクルクル回ったりするのは、東日本大震災などの大きな地震の前にも見られたことだ。
テレビの受信障害や携帯の時計の狂いも、同様に地震の前兆だと思われる。
これらは、約13時間後のカムチャッカ半島の前兆だったのだろうか。
だが、今後日本の周辺で別の地震が発生する可能性も否定できない。


これは別の予測になるが、自分的には、2/27にツイートした下記の体感があり、土日にちょっと大きめの地震があるのではないかと予測している。

追記(3/2 8:15)

1:35に房総半島南方沖でM4.8発震。
少なくとも私の体感は、これの前兆だったかもしれません。
「遠くの大地震より近くの小地震」です。
それと、ロシアのサイト、この地震も的中です。すごい。


大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.