探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求する

スポンサード リンク

せどりの仕事と百福書房

スポンサード リンク

仕事がなかなか見つからない。
この歳だし、就職難でもあり、フリーランスの立場でいままでのようなソフトウエアエンジニアの仕事を見つけるのは難しそうだ。
アルバイトでも何でもやらなければならない。
そのアルバイトでさえ、この歳ではかなり限られてくるが。
色々と面接を受けているが、ことごとく落ちてきた。
このままだと、生活保護を受けるハメに陥るかも?


というわけで、また百福書房を復活させて、せどりの仕事を再開した。
昨日、今日と、とりあえず蔵書の一部を整理しようと、ずっとAmazonユーズドストアの商品出品の作業をしていた。
私が通り過ぎた本というのは、ほとんどマーカーによる線引きや書き込みがされている。


そんな中で、Amazonの相場を調べてそういう状態でも売れそうな本を探すのにも時間がかかった。
ついでにCDとDVDも一部出品した。
現時点で127商品ほど出品している。
前述のアルバイトみたいな仕事だけでは、食ってはいけない。
そこで、せどり(競取り)と本の執筆でも収入を得るような形で行きたいと思っている。

蔵書を放出

私の蔵書には、かなりマニアックな本も少なくない。
たとえば、琉球シャーマニズム研究用の民俗学の本など。
それらの一部を、今回放出した。
身を切るような思いだが、経済的困窮と家のスペース確保のため、やむを得ない。
以前に紹介した下記のAmazon出品リストのページも、増えてきたのでジャンル毎にページを分割した。


前述の「マニアックな本」は、「単行本:スピリチュアル/宗教」、「単行本:民俗学/社会学」のカテゴリーに多い。
また、「Amazonで販売できない商品」のページでは、特別に思い入れのある1冊を手放すことにした。
「沖縄(うちなー)の年中行事」
いわゆる「カミンチュー」さんが書いた、「拝み」のノウハウが詰まった本だ。
ある神人に勧められたこともあって、定価13,500円という高価本だが、泣きそうになりながら買った。
「単行本:民俗学/社会学」のページでは、いくつかマニアの眼の色が変わりそうな本を出してある。
日本の(特に琉球の)シャーマニズムの研究には欠かせない本だ。


Amazonというのは、古書を販売するにはヤフオクなどに比べてずっと手軽にできる。
だが、自分が出品した商品をまとまった形で見ることは難しい。
そこで、このようなリストをブログの資料ページ上に掲載することにした。
Amazonページにアクセスすれば、他の人が出品している古書も購入することができるし、どうしても自分が出品した本を買ってくださいなどとは言えない。
その辺は自由競争の世界だ。
早く買ってもらって収益を得るには、他者よりも1円でも安く値段をつけることだ。
だが、本の状態にもよるので、常に最低価格を付ければいいかというと、そう一概には言えない。


いまや、せどりという仕事は多くの人々が始めるようになって、競争が激しくなってきた。
ブックオフで105円の本を買ってAmazonで売って利益を得るというのは、だんだん難しくなってきつつある。
そういう中で、本当に商売が成り立つのかという不安はある。
とにかく今は選択肢が限られているので、しばらくやってみることにしたい。



Amazon出品中商品リストは、このブログの右サイドバーの「特設ページ」にもリンクがあります。
また、下記の百福書房Webサイトにもリンクがあります。



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.