読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

体に良い飲み物たち

健康
スポンサード リンク

今日は、とっておきの飲み物を紹介する。
超ヘルシーということで、かなりお薦めできるジュースたちだ。
以前は、手作りジュースを作っていたことがあった。
1年半前の、こちらの記事で書いている。


ジューサーで作るジュースよりも、ミキサーで作るジュースの方がずっと好きだ。
もともと、濃厚な飲み物が好きだというのもある。
それと、ジューサーは掃除が面倒なのがネックだ。
結局、ミキサーでも手作りジュースをあまり作らなくなった。

冬は夏とは違う

この見出しは、当たり前のことですね。
夏には夏の、冬には冬にふさわしい食べ物があるということです。
マクロビオティックとか勉強した人なら、こう書いただけでわかるでしょう。
最近「体を暖める食べもの」とかが流行っている。
でも、生姜についていえば、ちょっと過大評価されすぎ?という感じがする。
本当にそんなに体を暖めるものかというと…
何ごとにも敏感体質な自分的には、それほどでもないんじゃないかと。


人間は、その季節に土から採れたものを食べるべきなんです。
いまは温室栽培とか輸入ものの熱帯の果物とかあるけれど、そういう物は体を冷やすので。
ヨーグルトは体に良いけれど、夏だけ食べる。
冬には冬に合った食べもの、飲み物があるでしょう。
そういうものの例を、ちょっと紹介します。

にんじん+りんごジュース

2009年7月頃からは、にんじん+りんごジュースを飲み始めた。
夜、寝る前に風呂に入った後で、必ずこれを飲んでいた。
これは、『食べない健康法』などの著作で知られる石原結實医師が薦めているものだ。
上記の本と人参+りんごジュースについては、こちらの記事で紹介しておいた。


ニンジン+リンゴという、健康に良い万能の野菜と果物のコンビだ。
体に良くないわけはない。
人参は根菜で、当然体を暖める性質がある。
林檎も果物の中では体を冷やさない方だ。
なので両者のミックスジュースは、冬には特に良い飲み物だ。
私が風邪というものをまったくひかないのは元々かもしれないが、これのせいでもあるかもしれない。
考えてみると、本当にずっと風邪を引いてない。
過去のブログ記事をさかのぼって調べたところ、2009年夏に夏風邪を引いて以来、風邪を引いていない。
ちょうどこのころ、例の石原式健康法に興味をもった。
そして、りんご人参ミックスジュースを飲み始めた。
やっぱり、あれが良かったのだろうか。


私が愛飲しているのは、カゴメの「まろやかキャロット」というもの。
1リットル瓶が1ダース入ったセットで2850円前後の値段だ。

カゴメ まろやかキャロット 930g×12本

カゴメ まろやかキャロット 930g×12本


私はこのにんじんジュースと、コンビニやスーパーで売っているりんごジュースを買ってきて、半々に混ぜて飲んでいた。
とにかく飲みやすい。
だからこそ、1年以上も毎日飲む習慣が続いていた。


りんごジュースは、にごり系(混濁果汁)が大好きだ。
だいたい、スーパーでりんごジュースを探すと、なぜか大半はにごり系でない透明果汁(クリアタイプ)だ。
私は、これがぜんぜん好きになれない。
【追記】後で調べてみたら、混濁果汁と透明果汁は、製法の違いだけで、栄養素などはあまり違わないようだ。
透明果汁は、酵素を使うことによって、ペクチンが分解されて透明になるそうだ。
混濁果汁の方が食物繊維が多いのではないかと思っていたが、そういうことはなさそうだ。

野菜一日これ一本

最近、うちの母が大量に買っているのが、カゴメの「野菜一日これ一本」と、SUNPACK(マルハニチロ食品)の「りんごのまんま」というジュース。
いずれも、180ccの缶入りのものをダンボール箱単位で買っている。


今日、にんじんジュースが切れたので、ためしに「野菜一日これ一本」と「りんごのまんま」を混ぜて飲んでみた。
最初は、両方を少しずつ、恐る恐るコップについで飲んでみた。
けっこう美味しい。
これも病みつきになりそうな組み合わせだ。


野菜一日これ一本」は、単独で飲んでも、すごく美味しい。
非常に濃厚な味が私の好みに合っている。
使われている野菜は、トマト、にんじん、赤ピーマン、芽キャベツ、ケール、ほうれん草、しょうが、ブロッコリー、レタス、セロリ、キャベツ、クレソン、パセリ、かぼちゃ、アスパラガス、たまねぎ、モロヘイヤ、ピート、だいこん、小松菜、紫いも、あしたば、はくさい、なす、ごぼう、レモン果汁。
しかし、すごいな。
なんと25種類の野菜を、1缶あたり350グラム分も使用している。
母は1回飲みきりの缶入りのを買っているが、こういうペットボトル入りの方が安いだろう。

野菜一日 これ一杯 920g×12本

野菜一日 これ一杯 920g×12本


「りんごのまんま」も、にごり系のりんごジュースだ。
しかも、おろしリンゴが混ざっているので、こちらも濃厚なのどごしだ。

ホットアップルジュース

ただ、本当のことをいうと、野菜ジュースというのは体を冷やすから、冬はあんまり良くない。
いまは野菜ジュースも切れたので、風呂上りに別の飲み物を飲んでいる。
名づけて、「ホットアップルゆずドリンク」
これは、りんごジュースに「ゆず茶」をちょっと入れて、お湯を100ccほど加える。
それを電子レンジで暖める。


りんごを温めて飲むという発想は、ちょっとないかもしれない。
でも、これが美味しいのだ。
先月まで働いていた仕事場で、自動販売機でホットりんごジュースが売られていた。
それは、100%りんごジュースにはちみつを加えたもの。
なぜリンゴを温めて飲まないかというと、一つには、そのままだと酸味が強くなりすぎるから。
でも、甘さを加えれば良いのだ。
それで、ちょうど冷蔵庫にあった「ゆず茶」を混ぜてみた。
白砂糖が入っているけれど、そこは少量だし、目をつぶる。


ところで、ホットりんごジュースにショウガを入れたらどうだろうか?
そう思って、Amazonで検索してみた。
すると、あるではないか。
「生姜りんごジュース」なるものが。
今夜あたり、りんごジュースにショウガをすりおろして加えてみようかな。


生姜の恵み(生姜りんごジュース)  (飲みきり200ml×12本)

生姜の恵み(生姜りんごジュース)  (飲みきり200ml×12本)



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.