探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求する

スポンサード リンク

『女神の贈り物』

スポンサード リンク

現在、Web上の執筆作品のメンテナンスを行っている。
今日は、仕事から帰ってきて『女神の贈り物〜バリ・ジャワに不思議を求めて』を手直しした。
これもまた、読みふけってしまった。
自分が書いた作品なのに、バカみたいだが。
こういう昔の作品を読むと、懐かしいという気持ちもあるが、
冷や汗をかくことの方が多い。
読んでいて赤面してくるようなものばかりで。
全部削除してしまいたくなる衝動に駆られることも多々ある。


昨日紹介した『ジャワ・バリ・幽玄・夢現』に続くノンフィクション作品として、1997年に書いたもの。
ジャワ島での仕事を終えた後で、当時の婚約者だったDとバリ島・ジャワ島を旅した記録だ。

不思議なこと

あの旅でも、いろんな不思議なことが起きた。
サヌール海岸のカンジェン・ラトゥ・キドウルの聖地で、黄金色の蛇が現れた。
あれは鮮烈な体験だった。
聖地で爬虫類の「神遣い」を見た最初の経験だっただろう。
あれ以来、本当によくヘビやトカゲが私の前に現れた。
私は「龍族」だと言われたことがある。
少なくとも、龍神にご縁があることは確かなようだ。


雨に降られないように、いつも助けられた。
これは私が聖地巡礼するところ、どこでもよく起きることだ。


香りものが何もない部屋で、突然に芳香が漂い始めた。
あのグランドバリビーチの女神さまに捧げられた部屋で使われていた、海の香りのお香を思い出した。
私が風邪を引いて寝こんでしまったので、女神さまが心配して来てくれたのだろうか。
そういう体験をした人、いますか?
神霊とか神さまが現れた時には、そういうこともあるんです。

Dのこと

いちばん不思議というか驚かされたことは、Dが私の目の前でカミソリの刃を食べたことだろう。
とにかく不思議な子だった。
本当に子供みたいに純粋なところがあるから、カミソリの刃も食べられると言われれば、確信をもって実行できるのだろう。
かつてスプーン曲げが流行った頃の超能力少年たちと同じだ。
あんなに純粋で優しい子が、どうしてあんなに変わってしまったのか。
彼女の幸せのためにも、以前の優しい女性に戻っていれば良いのだが。

ものを書くこと

『ジャワ・バリ・幽玄・夢現』ほどではないけれど、これもまた長い作品です。
ガムラン音楽とかバリ舞踏とかに興味がなければ、スピ系な逸話だけでも読んでみてください。
メニューに「☆」の数で「不思議度」がわかるようにしてあります。
また、これを機会に、この作品を『聖地巡礼ファイル』に加えました。


私にとって、音楽活動と執筆活動は、寂しさを紛らす手段でもあったりする。
これがあるから、心の病にならずに済んでいるのかもしれない。
ここしばらくは、集中できるものが必要だ。



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.