探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

自分の顔


インドネシア渡航を4日後に控えているというのに、まったく緊迫感がない。
何かいろんなことを忘れているんじゃないか。
旅慣れているとはいっても、海外は8年間ほど「封印」されていたので。
持って行くものとか、これからチェックしよう。


毎朝、自分の顔を鏡で見て、気がつくことがある。
健康状態に関することだ。
顔の状態をチェックすることで、些細な変化を読み取ることができる。


たとえばの例。
目の下の隈がある時。
慢性的に胃が悪いので、出やすい。
特にはれぼったい時には要注意だ。
そういうときには、食事の量を減らす。


頬のあたりが垂れてきた時。
いわゆる陰性の食品を食べ過ぎているので、食事の陰陽のバランスに気をつける。
そういう食品は、身体を弛緩させる(たるませる)性質があるからだ。


頬がこけてきた時。
食事量を制限しすぎているので、もうちょっと食べるようにする。
ナッツ類など、良質の脂肪を摂るなどする。


白髪が増えてきた時。
これは、カルシウムの不足や甘いものの摂りすぎ。
海藻やカルシウムが豊富な野菜などをよく摂るようにする。


私の場合、胃の不調によって口内炎もできやすい。
だいたい右の口の中の上部にできる。
そういう時も、食事の量を減らすことにしている。


顔というのは、健康状態のバロメーターでもある。
自分の顔を毎日観察することによって、健康状態の改善を図れるのだ。
他人についても、顔をちょっと観察するだけで、その人の健康状態がわかったりする。
特に歳をとってきた人々は、長年身についてしまった食習慣が、かなり顕著に身体に現れていることがある。

若く見られる禍(?)

ここから、顔の話の続きになるが、健康の話からはちょっと脱線。
私の場合、いままで生きてきて、歳相応に見られたためしがない。
喜べばいいではないかと言われそうだが、必ずしも喜べないこともある。


ソフトウエアエンジニアという職業柄、常駐先の職場を点々とする。
そこで働く若い女性で、私に関心をもつような場合がある。
だが、私の歳を知ったとたんに、態度が急変する。
一度や二度ではないので、そのたびにウンザリする。
そういうことは、30代後半頃から始まっていた。


ここ数年、だんだん白髪が増えてきて、少しでもギャップが縮まっているかもしれないが。
それでも、10歳前後はギャップがあるらしい。
ネット上で知り合った女性の場合、そういう誤解はないのだが。
私はどこでも生年月日を公表しているし。


一般的に、若く見える人というのは、ヴィシュダチャクラ(喉のところ)が現実次元である程度うごいていることが多い。
いわゆるブレサレアン(ほとんどものを食べずに生きている)の人でも、このタイプが多い。
たとえばスワディスターナチャクラ(臍下丹田)がよく動いている人とかだと、性エネルギーも含む現実次元のエネルギーを消費しやすく、老けやすい場合が多いかもしれない。
もちろん、そういう場合でも、食べるものである程度なんとかできるだろうが。
どうしたら若さを保ち続けることができるか。
一般論でいうと、やはり小食の方が有利だろう。
特に女性は関心が強いだろうが、そのことについては、また別の機会に書きたい。





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.