探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

オリジナル曲『Say "I Love You"』動画公開

スポンサード リンク

今日は1日中家にこもって、ビデオの録画と編集をやっていた。
1年以上前になるが、2008年5月に完成したオリジナル曲だ。
『Kiss・すき・キッス』に続いて、Vocaloid2初音ミク』に歌わせた第2弾。
ちょうど今の季節向きのバラード。
音楽活動からずっと離れていて、動画が未完成のままだった。


曲が完成したときのことは、昨年の下記の記事で書いている。


『Kiss・すき・キッス』と同じく、他愛もない歌だが、こういう歌が「できちゃった」ので、仕方なく完成させた。
私が本来めざしている音楽はもっと別のところにあるのだけど、そういう曲は1曲作るのにすごく時間がかかる。
1992年に曲の原型ができていたので、16年がかりで作った曲ということになる。
作詞・作曲・編曲・エレキギター・ベース・シンセ・MIDI&Vocaloid2プログラミングをNoyaがやっている。
イラストは、ピアプロというVocaloid関係の素材を公開するサイトで探して、今回は2枚ほどイラストを使わせてもらった。
海辺の動画は、7/20(月)と7/25(土)に、茨城県大洗の海岸へ行って撮影したもの。


ミクの「中の人」の声は明るい声質なので、こういう切ない歌を歌わせるのは、苦労する。
「調教」という言葉は嫌いなので使わないが、打ち込んだ後の微調整がけっこう大変だった。
フェンダーRhodesのようなエレピ風の音で始まるが、気に入っている。
前半はちょっとオフコース的なサウンドになったかもしれない。
サックスのように聴こえる音は、フリーウエアの音源(VSTi)を使ってキーボードで打ち込んでいる。
これもタダとは思えない良い音で、手放せない。


いちばん最初は、松田聖子が歌うことをイメージして書いた。
こんな歌でも、もし気に入ってもらえたら嬉しいです。

『Till I See You Again』(もんた&ブラザーズ

ついでに、以前にアップロードした『Till I See You Again』(もんた&ブラザーズ)も、ビデオを編集して再度公開しました。
以前のものは、ビデオファイルがおかしくて再生できなかったようなので。


もんた&ブラザーズの曲といっても、ファンでも知らないかもしれません。
アルバムに収録されていないのでは?
たしかFM曲のスタジオライヴで披露した曲だったと思います。
英語の歌詞が簡単だったので、耳コピしていますが、若干聞き取りミスがあるかも。
こちらは、20年ほど前の録音で、アコギとコーラスを一人でやっています。


コーラスは、4重唱だったかな。
いちばん高音パートのファルセットは、歳のせいでもう出ないかも。^^;
これからは、初音ミクにお願いするしかないか。
それと、がくっぽいどGackt)か。
そういえば、まだ買ってなかったな。


この動画で使っている写真は、曲とはまったく関係ありません。
以前にテルアヴィヴとエルサレムで撮影したものです。
イエスさまが十字架に架けられる前に歩かされた、いわゆる『ヴィア・ドロローサ(悲しみの道)』も、チラッと出てくるかな。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.