読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・地震予測等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

アロマソープのアイデア

スポンサード リンク

今まで何度か書いたが、インドネシア・スラバヤにMySpaceのフレンドがいる。
彼女(以降Cと呼ぶ)と知り合ったために、8月のジャワ島聖地巡礼の目的地にスラバヤも加わった。
Cに会いに行く目的は、彼女が描いたデウィ・サラスワティ(弁才天)の油絵をもらうこと。
また、Cが信仰しているチベット仏教寺院でお祈りもする。


PCを立ち上げると、毎日のように彼女からチャットが入ってくる。
Blackberryを使っていて、わかるのだそうだ。
インドネシアでは、このスマートフォンがけっこう流行りらしい。
もちろん、「お金持ちたちの間」だけでだが。


彼女はスラバヤで事業を行なっていて、石鹸を製造している。
自宅に小さな工場があるという。
いつもはスピリチュアルな深い話ばかりしているのだが、昨日は仕事の話になった。
それで初めて知ったのは、その会社の製品は、日本にも輸入されているとか。

サリラペ石鹸

ブランド名を教えてもらったので、その場で検索してみた。
「SARI RAPET(サリラペ)」という製品名らしい。
数秒で見つかった。
サリラペシリーズの石鹸は、特に女性の秘部を洗うためのものだという。
ジャムゥに使われる成分などを配合している。
Jamuというのは、インドネシアに伝わる民間の薬で、漢方薬的なものだ。


サリラペソープ3の宣伝が特にすごい。
恥ずかしくてちょっと引用できないような。^^;
隠れたベストセラー的な商品で、けっこう売れているらしい。


男性用の石鹸も、サリラペ・ラキラキという商品がちゃんと用意されている。
「ラキラキ」とはインドネシア語で男性のこと。
下記サイトの宣伝マンガが、かなり笑える。


某サイトでは、サリラペシリーズは2ヶ月で40,000個売れたとある。
どうせ誇張だろうと思ってCに聞いたら、そんなもんだろうという。
それぐらい大量に注文があったのだそうだ。
来月には、別の輸入業者へマヌカ・ハニー石鹸も輸出するとか。
私自身はこれらの石鹸を使ったことがないので、「お奨め」もその反対もできる立場にない。

カスタマイズ石鹸を作ってくれる!

自分でサリラペシリーズの石鹸を使っているのかと、Cに聞いてみた。
すると、Noという返事。
自分で作っている製品が嫌いなのかと聞くと、そうではないという。
もっと強力な石鹸を作っていて、それを使っているのだとか。
だが、それは日本に輸入されていない。
なぜかと聞いたら、色が濃い茶色で、輸入業者が気に入らないと。
でも、効果はずっと強いのだそうだ。
輸入されている石鹸は、輸入業者の注文通りに生産するという。


お土産にアロマ石鹸とか買って帰ったら、女性たちに喜ばれるだろうなと話を向けてみた。
アロマ石鹸も、たくさん作っているという。
何千種類ものアロマを扱っているそうだ。
ジョグジャカルタのスーパーなどで、どこでも買えるという。
おみやげとして、直接買いたいと言ったら、タダでくれるって。(^^)
彼女はいつも気前が良い。
油絵の時も、こっちが買うと言っているのに、金を受け取ろうとしない。
しかも、好みの配合をあらかじめ教えてくれたら、Noya用にその通りに作っておいてあげると。


最近ちまたでは、体臭・わきが・加齢臭などの対策に関心が高まっている。
体臭を防ぐ効果があるアロマの調合はどうだろうか?
あるいは、美肌効果を目的とした石鹸とか。
体臭を消すには、バジルやパンダン(pandan/pandanus)の葉が良いそうだ。


彼女に、自社製品を販売している日本のサイトを教えてあげた。
日本でこんな高い値段で売られていることを知って驚愕していた。
つまり、卸価格とかなりへだたりがある価格だということなのだろう。
卸価格はいくらか聞かなかったが、聞くまでもない。


こういうソープがほしいとか、何か良いアイデアがあれば教えてください。
また、自分の好みで石鹸を作ってほしいという要望があれば、彼女に伝えてみます。
そういうことをやってくれるかどうかは、聞いてみないとわからないけれど。



スポンサード リンク

千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.