探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

宮城県沖で地震〜地震ダウジング

スポンサード リンク

また地震か…。明日は早いからもう寝ようと思ってたのに。^^;
ついさきほど、宮城県沖で地震があった。

発生時刻 2008年6月2日 0時58分ごろ
震源宮城県
緯度 北緯38.3度
経度 東経142.0度
深さ 50km
規模 マグニチュード 5.0


関東から東北にかけて、けっこう広い範囲で揺れたようだ。
震源は、仙台の北にある牡鹿半島の先端から、ほんの20Kmほど沖合いだった。
仙台付近で地震があったことを知って、思わず笑いが止まらなくなった。


なぜかというと、5/27(火)夜にダウジングをして、夏休みの聖地巡礼先を伺ったときに出たのが、仙台あたりだったからだ。
5/29(木)にも、再度ダウジングで同様の質問をした。
その時はもうちょっと北の、牡鹿半島あたりでペンデュラムが振れていたのだ(苦笑)。
その日は、ダウジングが不調なのだと思って、途中でやめてしまった。

地震のことは聞いてないのに…

どういうことか、おわかりだろうか?
以前から私のブログを読んでくれている人には、もうわかったかもしれない。
聖地巡礼で行くべきところなどを伺っても、実際は近いうちに地震が起きるところを指し示してしまうことがよくあるのだ。
質問内容をまったく無視して、ここで地震があるのだと必死で教えようとしているのだろうか。
だとしたら、有難いことではあるのだが。


そうなると…いままでも聖地巡礼しなくても良いところへ行かされていたということが、もしかしたらあったかもしれない。^^;
聖地巡礼するところどころで、その前後に地震があったりすることが少なくないのも、そういうことなのか。
まあ、地震の被害がないようにと祈ることは、決して無駄ではなかったかもしれないが。

地震ダウジングをやるべきか

こういうことがこれだけ度々あると、しぶしぶ認めざるを得なくなってくるかもしれない。
どうも、私が地震が起きる直前にダウジングをやると、その地震が起きる場所がある程度わかるらしいということを。


以前、プロジェクトEというグループをやっていたときには、ダウジングによる地震予知の試みというのをやっていた。
あれを、もう一度始めるべきだろうか。
だが、地震がないときにダウジングをしても、デタラメなところが出たりするかもしれない。
自分が直観的にダウジングすべきだと思うときだけ、やってみることにするか。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.