探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

千島列島で地震M8.1

スポンサード リンク

今夜は何となく早く帰りたくて、早めに仕事を終えて22:00すぎ頃に帰宅しました。
家内が食事を作っている間に、ついていたテレビを何気に見ると、津波情報の映像が。
台所から家内が戻ってきて、千島列島の方でマグニチュード8.1の地震があったことを知りました。
20:15頃に発生し、震源の深さは30Kmぐらいとか。
根室で40cmぐらいの小規模の津波があったようです。
最初に思ったのが「やっと起きたか」ということ。
あまりにも遅いので、もうないのかなと思っていたところでした。
でも、今日は昼間に強い耳鳴りが続いていました。

発生時刻 2006年11月15日 20時15分ごろ
震源千島列島
緯度 北緯46.6度
経度 東経153.6度
深さ 30km
規模 マグニチュード 8.1
最大震度:震度2(北海道)

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/


震源地は千島列島中部のシュムシ島付近と見られるとのこと。
それほど強い揺れは感じなかったそうで、大きな被害はなさそうですが…。



ちょうど2週間前の11/1(水)に、こういう記事を書きました。↓

この前兆の結果が、やっと起きたというわけでしょうか。
M8規模の大地震だと、パルス電磁波による前兆が2週間ぐらい前からあっても不思議はないんですね。
上記の記事の(2)で書いている地震雲は「東西に延びる」と書いていますが、正確には東北方向だったのでしょう。
11/1にも十勝沖でM5.0の地震がありましたが、あれは予想していたよりも小さすぎました。


(4)の、カラスがやたらに騒がしかったのが、いちばん印象的でした。
私もこの2週間ずっと、耳鳴り、耳圧、めまい、胃の不調、頭痛、異常な眠気に襲われていました。
ただ、このような体感的現象は、地震の前兆以外でも起こりうることなので、そのへんの判断がむずかしいところです。
他にも何人か、めまいがするとか異様に眠気があるとかいう人がいました。
(6)の、息子の「地震の夢」は、今日の地震と関係あるかどうかは定かではありません。
そういえば、11月4日に地震の夢を見たというmixiのマイミクさんからメッセをもらいました。

比嘉良丸さんがこの満月に祈りを呼びかけたのも、関係あるのでしょうか。
いつもながら、良丸さんの巡礼や祈りは大きな地震とシンクロしやすいような気がします。


じつはあの後、北東方向のアリューシャン列島とかベーリング海のあたりで小規模の地震が頻繁に起きていたので、あのあたりで大きな地震があるのかなと思っていたところでした。
日本のこんな近くでこんな大きな地震があるとは、さすがに予測できませんでした。
ただ、mixi日記のコメントでも書いたように、自分に危険が迫るような…つまり日本で巨大地震があるようには思えませんでした。
日本から遠かったのは幸いだけど、千島の方では被害はないのでしょうか。


下の図は、愛用のフリーウエア"Earthquake 3D"の画面をキャプチャしたものです。
過去3日間のM4.0以上の地震が表示されています。
いちばん大きな白い円が、もちろん今夜あった千島列島地震です。
これを眺めていると、なんとなく傾向がわかってきます。



地震がありそうだありそうだと書いていて何にもないと、肩身が狭くなるんですね。^^;
でも、もちろん何にもないのがいちばんいいわけで。
本当に「やっと起きたか」という感じです。
いまもまだ右耳で強い耳鳴りが続いているところをみると、余震があるのか…。
M8.1以上の地震があるとは考えにくいですが。


私が本当に必要性を痛感するのは、いわゆる『地震敏感体質者』のネットワークです。
よっぽどmixiでコミュ立ち上げようと思うのだけど、コミュ乱立ぎみだからな…。^^;
「誰か作って」と言っても、応えれくれる人は…いないかな。


【今夜これから下に追記するかもしれません】



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.