探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

ケータイの番号変わりました+α

スポンサード リンク

W-ZERO3を買ってPHSに乗り換えて、2〜3年使いつづけたFOMAと訣別しました。
当然ケータイの番号は変わっているので、必要な人は連絡ください。
今は必要なくても、オフ会などで会うときに必要になったら、覚えておいてください。
私は当然のように忘れると思うので。^^;
Willcomメールも必要ならば一緒に教えます。
ケータイメールは秘密ということは全然ないので。
前に書いたように、W-ZERO3は通信中は電話の着信ができないという大きな欠点があります。
なので、ケータイメールも知っておいた方が良いでしょう。
まあ留守電サービスもあるのだけど。
インターネットのメール(ASAHIネット+Yahooメール)も受信できるのだけど、前に書いたように、自動受信の設定にするとネットにつなぎっぱなしになって電話の着信不可になるので、手動受信にしているのでPHSメールの方が早く届きます。

W-ZERO3IP電話端末にする

ところで、上に書いた通信中に電話着信不可という欠点は、解決策はあるんです。
ちょっとお金がかかることだけど。
それは、Skypeを使うこと。
これはご承知のように世界的に広がっている無料のIP電話のサービスですが、W-ZERO3でも利用できます。
ただこれで無料通話ができるのは、双方ともSkypeのサービスを利用している場合のみ。
どちらかが一般電話や携帯電話の場合は、料金がかかります。


自分がSkypeInというサービスを契約すると、固定電話や携帯の利用者からSkype経由で着信できるようになります。
これの料金は、3ヶ月1,500円、1年で4,000円と、すごく安い。
逆にSkypeOutの方は、自分がW-ZERO3からネット経由で固定電話や携帯に発信できるもの。
料金はたとえば1,500円分の通話ができる分を購入します。
どのくらい安いのかは、下記のSkypeのサイトを見てもよくわかりませんでした。

モバイルブロードバンドの利用方法

いまやIP電話なんてブロードバンドの利用者ならばみんな利用していると思いますが、地域的な制約があってまだ利用できない人もいるでしょうね。
ASAHIネットTEPCOひかりのコースが月々7500円ぐらい(ホームコース、ルーターのレンタル料など含む)だけど、IP電話を利用していることを考えると決して高くはないんです。
というのは、家内がよく北海道の実家と長電話して、IP電話ですごく安く済んでいるから「元は取れている」んですね。
ちなみに、IP電話の通話料金を含めたASAHIネットの月々の請求は9000円前後です。


うちもTEPCOひかりが開通するまでは、ADSLが電話局まで遠いので利用できなかったんです。
そのうち携帯でもIPフォンが普通になるでしょうね。
そうなってくると、今ある携帯電話会社はどうやって食いつないでいくんだろう?
もうド○モなども殿様商売ができなくなるでしょうね。
今まで日本の電話料金は高すぎたのだから、どんどん安いサービスが出てくればいいと思います。


W-XERO3の無線LANサービスは、まだ資料が郵送されてこないので、待ち状態です。
早くHot Spotを使ってみたいんだけど。
ホットスポットの利用方法として、たとえばGyaoなどの動画配信サービスで昼休みにTVを見るということはできないかなと思っているのだけど…。
VGA画面だとちょっと無理があるかな?
GYAOといえば、うちの家内はさいきん韓国ドラマを夜な夜な見ています。
今はチェ・ジウ主演のドラマをやっています。
17インチモニターをいっぱいいっぱい使っても、TEPCOひかりだと途切れなくスムースに表示されています。
GYAOも一時期は苦戦していたようだけど、だんだん利用者が増えてきているのかな?

W-ZERO3の使い勝手

W-XERO3を買ってから10日ぐらいたつけれど、使い勝手はなかなか良いですよ。
昨日、月額350円のネットの速度が速くなるという「高速化サービス」のオプションを申し込みました。
たしかにWebの読み込みが速くなったようです。
ぼくのデータ通信の契約はリアルインターネットプラスというコースで速度が64Kしか出ないので、やっぱり家で光ファイバーでつなぐのに比べたらはるかに遅いです。
それを最大限に速くさせるのが上記のオプションです。
でも、いくら使っても定額で、しかもノートPCを接続しても2100円の定額だという、かなりお得感があるサービスです。
PHSだと移動中でもなかなか接続が切れないのがいいところです。
山手線に乗っていて、走っている最中にこのブログやMIXIWebアクセスしていても、ちゃんとページを読み込んでくれます。
これが西武新宿線になると、接続は切れないものの、ページの読み込みがストップしたような状態になって、これはPHSのアンテナの数の差でしょう。
そろそろ風呂に入るので、続きはまた後日。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.