探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

バッハ:ミサ曲ロ短調

スポンサード リンク

この週末も、家にこもって『ビードロ』(コードネーム)の原稿を執筆していた。
この作品は、私のイスラエル聖地巡礼記とイエスの生涯を交互に描く「綴れ織り」だ。
ヴィア・ドロローサの部分は、なかなか筆が進まない。
イエスさまがあの道を歩いて十字架に架けられるまでに味わった悲しみと、どうしたら深く共感して同調できるだろうか。
どうしたら「パッション」を得られるだろうか。
さきほど風呂に浸かりながら、そういうことを考えていた。
いつかしら、頭の中に「キーリエ、キリーエ…」の女声合唱が流れていた。
「そうだ、これだ!」


ヨハン・セバスチャン・バッハの最高傑作とされる『ミサ曲ロ短調』の中の「キリエ」
「キリエ・エレイソン」(ギリシャ語で「主よ、憐れみ給え」の意)と合唱が繰り返される。
バッハが生前の最後の日まで創作を続けていたという曲だ。
教会音楽が好きで、昔はよく聴いていた。
バッハのカンタータ無伴奏の教会音楽など。
およそ音楽と呼ばれるものの中で、神に捧げられた音楽ほど深い宗教的な感動を呼ぶものはないだろうと思っている。


風呂から上がって、さっそくCDを取り出した。
グスタフ・レオンハルト指揮、オランダ・コレギウム・ムジクム・バッハ合唱団、ラ・プティト・バンドによる1985年の演奏だ。

バッハ:ミサ曲ロ短調(全曲)

バッハ:ミサ曲ロ短調(全曲)


イエスの深い悲しみに浸り同調するために、ヴィア・ドロローサの部分を執筆するときには、この2枚組のCDを流そうと決めた。
バッハの教会カンタータなどが好きな人ならば、抵抗なく入っていけることができるだろう。

古代ユダヤの音楽

コメントで思わぬ反応があったので。
古代パレスティナの音楽がどのようなものだったかについては、まったく資料が残っていない。
グレゴリオ聖歌の一部は、古代ユダヤ教シナゴーグで歌われていた宗教歌が一部取り入れられたといわれている。



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.