読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・地震予測等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

『次に来る大地震は○○だ!』

スポンサード リンク

「あとで書きます」と書いたけれど、実は明日また聖地巡礼に行かなくてはならなくなり、あんまり時間がありません。
明日はまた江島神社と走水神社で地震・火山噴火沈静の祈りです。
「1冊の本で救われる命があるかもしれない」
そんなことを思わせる本がこれです。↓
(これに似たフレーズ、昨日別の本で使ったっけ。忘れっぽいな>自分)^^;


図解 次に来る大地震は○○だ! (目からウロコのさんぶん図解)

図解 次に来る大地震は○○だ! (目からウロコのさんぶん図解)


今日書店で買ったばかりで、まだ30ページぐらいしか読んでいませんが、なるべく早く紹介した方が良いと思って、簡単に書くことにします。
ぼくは昨年のスマトラ島沖地震津波が起きてから、自分なりに地震のことを研究してきて、また自分が「地震敏感体質」であることがわかってきました。
昨日は地震の前兆現象についての本を紹介しましたが、こんどは長期的な予測・予知についての本です。
いまの日本の科学の世界は、地震予知という点では残念ながらほとんど頼りになりませんが、そんな中で、一人がんばっているのが、この本の著者の木村政昭教授です。
このブログでも何度も紹介してきました。
その人の最新の研究成果に基づいて、一般人向けに書かれた本がこれです。
体裁は、いわゆる最近流行りの1000円で買えるB5版のムックスタイルです。
発行日は2006年1月1日となっていますが、これは出版界の慣例で、実際に出たのは先月です。


木村教授が1983年〜2004年にかけて日本で発生した地震・火山噴火を予知して的中したものは、以下の通りです。


その木村教授が、今後どの地域が危ないかを、この本で具体的に予測しています。
その部分はまだ読んでいないので紹介できません。
読み終わったら、この記事を加筆訂正することにします。
1日でも早く読みたいという方は、町の小さな書店にもあると思いますので、行ってみてください。
パラパラと見た限りでは、以前の著作の延長線上にあるものです。
なので、こちらの過去の記事も参考に見てください。↓
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20050109/dokusho


地震といえば、下記のページに面白いことが書いてあるので、メモ代わりに書いておきます。
http://www.menokami.jp/menokami.html



スポンサード リンク

千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.