探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

病気にならない生き方

スポンサード リンク

今朝の朝刊の広告で、『病気にならない生き方』(新谷弘実著)という本を見つけて、ちょっと興味をもちました。

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-


そのコピーでは…(カッコ内は百瀬のコメント)

  • 薬はすべて基本的に「毒」である(たしかに!)
  • 牛乳は百害あって一利なし(やっぱり…やめて良かったかも)
  • マーガリンほど体に悪い油はない(なんでだろう…)


特に「薬は毒である」…インパクトありますね。
超一流のお医者さんがこういうことを言うと。
ちなみに、ぼくは中学生頃から、薬なんて滅多に飲んだことないですよ。
風邪もひかないし、病気もほとんどしない。
まあ、病気しないから薬が要らないという言い方もできるだろうけど。
薬を飲まないから病気にならないという「逆説」も部分的に成り立つのではないかと。
薬には副作用があるし、また薬による治癒力に頼ってばかりいると、自然治癒力が働くのを抑制してしまいます。


いままで入院したことといえば、食中毒とマイコプラズマ肺炎のときだけ。
でも、子供の頃は虚弱体質で、ちょっと冷えるとすぐに風邪を引いたりしてました。
人間というものは、薬なんて飲まなくても(というか、飲まない方が)、ちょっとした「知恵」と「ストイックさ」があればそれなりに健康を得られると思ってます。
ぼくに言わせると、病気というものの多くは、飽食、肉の過食などなど…誤った食生活に起因します。
また、スピリチュアルな次元でいうと、食べ物を粗末にすることによっても。
↑これは誰が言っているのでもなく、ぼくだけがこう言っても説得力ないかもれないけど…。


著者の新谷弘実氏は、米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授だそうです。
ぼくがベストセラーになっている本を買いたいと思うことは、滅多にないんです。
でも、買いたいけれど、さいきん本を買いすぎて、未読本がたくさんたまってるからな…。
誰か先に読んで概要を教えてください。^^;



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.