探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

地震雲と諏訪

スポンサード リンク

というわけで、地震雲を発見できそうなライブカメラを集めて、サイドバーの地震予知関連のアンテナに入れた。
これが、なかなか探すのが大変なのだ。というのは、空を大きく写したライブカメラなんて少ないから。1〜2時間かけて、適当なページが数ヶ所しか見つからなかった。
空は、地震予知に限らず、いろんな情報を与えてくれるのに。雲にしても、見ていて飽きないのに。なぜ空のライブカメラというのは少ないのか。ライブカメラのリンク集のカテゴリも、「海のライブカメラ」とか「山の〜」はあっても、「空の〜」がない。決まりきった風景など写すよりも、よっぽど楽しいだろうに。
そういうわけで、なるべく空が大きく写っているところ、しかもリアルタイム映像だけでなく、夜間でも1日の昼間に遡ってログを見られるようなところを、これからアンテナに追加していくつもりだ。
ところで、地震雲の観測という意味では、長野県の諏訪は非常に重要なところだ。前にも何かのときに書いたと思うが。
なぜかというと、諏訪というところは、本州を横に走る中央構造帯と、本州を縦に真っ二つに分割する糸魚川−静岡構造線が交差するという特異な地点なのだ。このため諏訪地方は日本のヘソとも言われ、マグネティックスポットという特殊な場所になっている。
上記の2つの主要な断層帯が走っている諏訪では、特に諏訪湖の上空あたりでは、非常に変わった形の雲が日常的に出現する。それだけ地殻のエネルギーが地上に現れているということなのだろう。
諏訪は磁気の通り道であり、文字通り「龍の道」なのだ。私自身も、諏訪の上空で龍のような雲を何回か見たことがある。

いま、日本地震予知協会提供のサイトにアクセスしたら、緊急情報が書かれていた。以下に引用する。

警戒情報
15日午後佐久平上空に巨大シャク(放射状雲)が発生しました。群馬、栃木、茨城方面に向かう双曲磁場の形です。この方面は広域地震に警戒してください。
また、宮城県沖合にも前兆雲が確認されています。
本日は特異日の谷間といった日ですが、17日の彗星近日点および27日の近日点と満月日にむけて当面警戒が必要です。
「雲による地震予知」のHPより引用

昨日の夜ダウジングをして、今日茨城で地震があるかもしれないというのはハズレてしまったが、まったくのハズレではないかもしれない。今朝新潟ライブカメラで見つけた地震雲を見ると、もっと北へ行って新潟中越なのかもしれない。

【参考サイト】



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.