探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・地震予測・防災等を探求

地震前兆研究家、ノンフィクションライターの百瀬直也が地震予知・予測・予言等を探求するブログ

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

CGIの引越し

スポンサード リンク

1996年にWebサイト『パサール・トッケ』開設以来、ずっと利用し続けたきたプロバイダーは、ASAHIネットとDolphinの2社。そのうち、CGIを置いていたDolphinの契約を終わらせることになった。アイルホスティングレンタルサーバーを借りているので、CGIをそちらへ移すことになったためだ。
DolphinはCGIが利用できるプロバイダーとしては特に不満がなく、トッケを8年近くも続けてこられたのも、このプロバイダーのおかげだ。ただ一つだけ難点があるとすれば、ディスクの容量制限が10MBということだろう。
これだけのスペースで、20近くものCGIを設置していたのだから、無理があったことはたしかだろう。オプションで増量できるといっても、やっぱりお金がもったいない。
Dolphinは東京の多摩地区の小さなプロバイダーだが、技術力はなかなかしっかりしていると思う。なんといっても、UNIXのシェルまで解放しているという、いまどき少ないところだ。だが今から新規で申し込んでも、さすがにこれはダメかもしれない。最近始まったレンタルサーバーでも、シェルを解放しているのはサーバーを1台まるごと借りるプランだけだ。今はCGI自体使えるプランがなくなってしまったのかもしれない。
以前に掲示板CGIのログ整形のためにC言語で作ったプログラムをサーバー上でコンパイルしたり、実行したらcoreができてしまったりと、やりたい放題やっていた。まあ、こんなことするユーザーがいれば、シェル解放をやめたくなるのも無理はないか…。

プロバイダーといえば、もう一つのASAHIネットも良い会社だ。こちらではWebページのすべてを置いている。CGIが使えないという点を除けば、文句のつけようがない優良プロバイダーだ。以前ダイアルアップで接続していた時にも、話中でつながらないという経験をほとんどしたことがなかった。
クリエイティブ派に嬉しいのは、ホームページエリアが100MBもあること。100MBといったって、そんじょそこらの努力で使いきれるものではない。パサール・トッケでは、やっとその半分ぐらい使うようになった。あの広大なというか迷子が多発するというか、作った本人が「こんなページがあったんだ」と、久々に見つけたページをつい読みふけってしまったりとか…、あれだけ使ってもまだ半分ちょっとなのだ。

ASAHIネットCGIを利用できるようになったらどんなにか良いのにと思うが、あれもこれも良いというプロバイダーはなかなかないものだ。それで仕方なく、非営利サイトなのに2社を使い使い続けて、月々4000円ぐらい払って、ここまでやってきた。
1996年にインドネシアから帰ってきて、初めて契約したプロバイダーはDTIだった。ホームページエリアさえ提供していないのだから、クリエイティブ派にとっては論外だった。蛇足だが、あの頃は個人HPを作るような人の大半はMacユーザーだった。それだけMacの方がくりえいてぃなことをやる人が多かったのだろう。そういうわけで、DTIはすぐに解約して、たどり着いたのが、上記の2社の組合せだった。
蛇足ついでに、アイルホスティングも特に不満は感じない良い会社だ。欲をいえば、月額3000円がもうちょっと安くならないかということと、半年まとめて前払いしないといけないこと。

ちょっと昔の思い出に浸ってしまった、さて本題はというと…、サーバー引越しの話だった。
今日は半日かけて、Dolphinのサーバーからアイルのサーバー(100fuku.com)へCGIを移す作業をした。
クリエイティブな要素がまったくない退屈な作業だ。FTPソフトでファイル転送して、ディレクトリやファイルのパーミッションを変更する。そしてリンク先のHTMLの修正。なんとか大半のCGIを移し終えた。
そういうわけで、もしサーバーエラーなど出るGGIがあったら連絡してください。
今日紹介したアンケートのCGIも、紹介した矢先で申し訳ありませんが、URLが変わっています。ブログは修正しましたが、すでにブックマークに入れたりした人がいたら、修正しておいてください。

【参考サイト】



スポンサード リンク



Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.