探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

ダウジングのチカラ(1)

スポンサード リンク

今日2004年9月20日(月)19:00〜21:48、テレビ朝日系列で、毎週やっている番組『TVのチカラ』の特別版が放映された。
題して「奇跡の扉TVのチカラ世界の超能力者緊急来日!未解決事件&失踪完全透視SP 世間の注目を集める事件を新たな切り口で徹底解明」というもの。

2日前の9月18日(土)19:00には、日本テレビの『THEスペシャル!』で、「FBI超能力捜査官第7弾・未解決事件に衝撃の結末」と題した番組が放映された。
PCで録画しておいてが、さきほどやっと見終わった。
後者の番組では、米国の「地球の裏側を見る男」と呼ばれるジョー・マクモニーグル氏が主役だったように思われる。この人については、後日書くことにする。
また、前者の『TVのチカラ』でも興味深い超能力者が出演していたが、これについても日を改めて書きたい。

今日は土曜日の『THEスペシャル!』に出演していたダウザー(ダウジングを行う人)であるスタンリー・フランク氏について書くことにする。
ダウジングというのは、振り子ダウジングロッドと呼ばれる特殊な棒などを使って地下の水脈などを探し当てる技術のことだ。
おなじみ『TVのチカラ』でも海外の有名なダウザーが時々登場する。

この番組では、当初は別のダウザーを日本に呼ぶつもりだったのだが、足の手術で来れなくなったため、代役としてフランク氏が呼ばれたというもの。
依頼内容は、おなじみの「タイムカプセル探し」だ。日本では全国各地の小学校で、卒業記念などにタイムカプセルを校庭に埋めて、何年後に掘り起こそうということをする。だが、多くの場合、埋めた場所があとでわからなくなってしまうケースが多いという。それでダウザーや超能力者のお呼びがかかる。

今回の依頼元は、淡路島の津名町立塩田小学校。1996年の卒業生がワインの瓶に作文を詰めて埋めたという。
スタンリー・フランク氏は現場へ行き、まずマップダウジングで位置を求める。次にその現場へ行き、再度ダウジングロッドで確認する。

そして、ロッドが反応した場所をショベルカーで掘り起こしてみると、ワインの瓶が出てきた。
フランク氏は見事に一発で的中させたことになる。感動ものだ。
ここで、ダウジングが本当に効果があるのかどうかを議論する際に、フランク氏が一発で的中させたということが重要ポイントだろう。
タイムカプセルの依頼ケースの場合、その学校のどこかに埋められているのは既に明らかになっているわけで、一発目がはずれて何度か試してみたところからやっと掘り出されたということになれば、その「的中」が偶然の域を出ないと判断されても仕方ない面があるからだ。
フランク氏はその点、さすがに発見率75パーセントを誇る一流ダウザーといえるだろう。

フランク氏は、タイムカプセルを探すことは初めての試みだったという。
ダウジングは本来、地下資源や埋蔵物などを探し出すのに適した方法だろう。
だが、たとえば『TVのチカラ』で時々行うように、行方不明者の捜索などには、あまり効果は期待できないのではないか。

ダウジングについていえば、実は私もその能力が多少なりともあるようなのだ。
話は、私がかなり若かった頃に遡る。
その話については、後日続きを書くことにする。

※ジョー・マクモニーグル氏については、10月2日(土)21:00に日本テレビで『マクモニーグルSP』として特集番組を組むようだ。

【参考サイト】
TVのチカラ
http://www.tv-asahi.co.jp/telechika/contents/sos/index.html



スポンサード リンク


Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.