読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言・スピ等を探求

地震前兆研究家、超常現象研究家、ライターの百瀬直也が地震予知・予言・スピリチュアル等を探求するブログ。

- 真理を得たいから、分かち合いたいから、はてない探求@はてなブログ -

HOME ABOUT LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【読書】『マンガ 実録!UFO・宇宙人 衝撃の新説』(TOCANA編集部監修)を読む

先日、私が執筆しているTOCANA編集部から、1冊の本が献呈された。 『マンガ 実録!UFO・宇宙人 衝撃の新説』(TOCANA編集部監修、宝島社)というもの。 一応マンガ本の体裁だが、内容はバカにはできない。 まず、ボリュームが250頁以上ある。 これまでのTOCA…

【著書】拙著『2016予言 驚異のシナリオ』(ダイアプレス)が発売された

今は大晦日の23時前。 あと1時間足らずとなりました。 この記事を書いているうちに年明けにならないように、手短に書きます。 この年末年始休みの最大の課題は、沙龍家サイトの大改装。 サイトの構造も少し変更して、外観もガラッと変わります。 いままでが…

【書籍】木村政昭名誉教授の最新刊『次に備えておくべき[噴火」と「大地震」の危険地図』を読んだ

今日は、某メディアの依頼により、ある大物先生にインタビューをした。 まだ公にはできないが、このブログを訪れる方々の多くは、大いに関心がある内容でしょう。 今日は、木村政昭・琉球大学名誉教授の最新刊を紹介したい。 『次に備えておくべき[噴火」と…

拙著(共著)ムック『予言!恐怖の感染列島』(ダイアプレス) 8/8に発売

百瀬の新しい著書(共著)が発売されます。 『予言!恐怖の感染列島』という書名で、ダイアプレスから8月8日に発売予定です。 …ということは、編集会社から連絡があったわけではなく、一昨日たまたまAmazonに登録されているのを見つけました。^^; いつものム…

【TOCANA】あなたはもう洗脳されている! 忍び寄る洗脳とは?~「恐怖の洗脳ファイル」プレゼント企画

今日TOCANAで、私が執筆した記事が… …と、いつもならば紹介記事を書くのだけど…。 今日はちょっと趣旨が異なります。 今日掲載されたTOCANAの「あなたはもう洗脳されている! 忍び寄る洗脳とは?」と題した記事で、拙著『恐怖の洗脳ファイル』が紹介されてい…

『震災で本当にあった泣ける話』(イースト・プレス)を読んだ

久々に"読書”タグを付けた。 先日、近所のブックオフのコンビニ本コーナーで見つけた本。 『震災で本当にあった泣ける話―3.11、あの日何があったのか被災地で聞いた「ひとりひとりの物語」』 イースト・プレスから発行された、定価500円の、いわゆる「コンビ…

『CREA 47都道府県のパワースポット』

今日、近所の書店(花小金井駅前の「よむよむ」)へ行ったら、パワースポットの本を揃えたコーナーができていた。 最近けっこうこの手の本が、いろんな出版社から出ているようだ。 パワースポットとか、世界の聖地みたいな本やムックが。 中には、怪しすぎて…

『食べること、やめました』(森美智代)

7/11の記事で紹介した、森美智代さんの話。 15年間も、1日1杯の青汁だけで生きている女性のことだ。 この森さんのことが映画『不食の時代』という映画になって、10月に公開されるということを、この日の記事で紹介した。↓ 映画『不食の時代』http://d.hatena…

『神道の中のユダヤ文化』久保有政著

『神道の中のユダヤ文化』久保有政著神道の中のユダヤ文化 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)作者: 久保有政出版社/メーカー: 学習研究社発売日: 2008/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (5件) を見る 数日前に駅前の書店…

やさしい心になる絵本〜じいじのさくら山

だいぶ前になりますが、一昨年の、ゆうちゃんの2歳の誕生日の日に、こういう記事を書きました。↓ [霊性]優しい心になれる絵本は?http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20050829/ehon でも、いまだに「優しい心になれる絵本」というのは、なかなか見つかりません。…

『「気づき」の幸せ』出ています

みなさんご存知でしょうが、念のため書いておきます。 今日仕事の帰りに本屋へ寄ったら、青森の「ヘビのカミサマ」こと木村藤子さんの『「気づき」の幸せ』が平積みされていました。 すでに第5刷でした。 Amazonでも購入できる状態になっているようです。 ま…

司馬遼太郎が書く出雲王朝

以前に紹介した『謎の出雲帝国−怨念の日本原住民氏・天孫一族に虐殺された出雲神族の怒り 』(吉田大洋著)に関連した話題です。 下記の記事で書いています。 [探求]出雲神族の伝承は真実かhttp://d.hatena.ne.jp/nmomose/20070513/izumo 謎の出雲帝国―天孫…

『「気づき」の幸せ』(木村藤子著)

青森の「蛇のカミサマ」こと木村藤子さんの初めての著書の紹介。 5月に出版された、『「気づき」の幸せ』(木村藤子著、小学館)。 初版を買い損ねて、長いこと版元品切れで、増刷が待ちきれずにAmazonユーズドストアで買ってしまった。 5/30(水)頃にAmazo…

読みたい本

たまりにたまった、Amazonの私のカートの中から、比較的最近出た本をピックアップ。 全部紹介すると、収拾つかなくなるので。 たぶん全部購入すると、10万円ぐらい金があっても、いっぺんに消えてしまいそう。^^; ◎日本の偽書 竹内文書、東日流外三郡誌、ホ…

御柱祭火と鉄と神と−縄文時代を科学する

昨年夏に出た本で、注目していたが、やっと読むことができた。 御柱祭火と鉄と神と−縄文時代を科学する百瀬高子著、彩流社御柱祭 火と鉄と神と―縄文時代を科学する作者: 百瀬高子出版社/メーカー: 彩流社発売日: 2006/07メディア: 単行本 クリック: 9回この…

龍神信仰−諏訪神のルーツをさぐる

日頃のフラストレイションを発散させるが如く、どんどん行きます。 次に紹介する本は、これも諏訪信仰をメインテーマとしたもの。 『竜神信仰−諏訪神のルーツをさぐる−諏訪神のルーツをさぐる』、大庭祐輔著、論創社竜神信仰―諏訪神のルーツをさぐる作者: 大…

仏教の中のユダヤ文化

先日読み終えた本を紹介します。 『仏教の中のユダヤ文化』、久保有政、学研仏教の中のユダヤ文化―聖書から見た釈迦の教えと聖徳太子伝説 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)作者: 久保有政出版社/メーカー: 学習研究社発売日: 2005/06メディア: 単行本 …

いま一番重要な本は?

いままで1ヶ月以上かかって通勤電車の中で読んでいた本が、やっとあと2〜3日で読み終えそうだ。 その本とは、これ。↓ SAINT BERNADETTE SOURBIROUS 1844-1879, by Abbe Francois TrochuSaint Bernadette Soubirous作者: Francois Trochu出版社/メーカー: …

読みたい本〜ドリーン・バーチュー等

さいきん読みたいと思っている本を何冊か紹介します。 女神の魔法〜女神と天使のガイダンス 女神の魔法 天使と女神のガイダンス作者: ドリーン・バーチュー出版社/メーカー: メディアート出版発売日: 2006/03/31メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) …

スピリチュアル特集と占いの本

朝日新聞の広告欄で、『ミスターパートナー』という雑誌の広告があって、11月号は「スピリチュアルはなぜ流行るのか?」という特集のようです。 英国サイキックフェスティバルの現地取材。フィンドフォーン、グラストンベリーなどが出てくるようです。 そし…

日本の中のユダヤ文化

日本の中のユダヤ文化 聖書に隠された神道のルーツと極東イスラエルの真相 久保有政著、学研日本の中のユダヤ文化―聖書に隠された神道のルーツと極東イスラエルの真相 (ムー・スーパーミステリーブックス)作者: 久保有政出版社/メーカー: 学習研究社発売日: …

天使と悪魔(ダン・ブラウン)

※ネタバレはないように書いてます。 天使と悪魔 (上) (角川文庫)作者: ダン・ブラウン,越前敏弥出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/06/08メディア: ペーパーバック購入: 6人 クリック: 116回この商品を含むブログ (295件) を見る 世界的なベストセラーと…

火星+エジプト文明の建造者[9神]との接触

火星+エジプト文明の建造者[9神]との接触 リン・ピクネット&クライブ・プリンス著、林陽訳、徳間書店火星+エジプト文明の建造者「9神」との接触―シリウス起源の超知性との聖なる扉「スターゲート」の研究 (超知ライブラリー)作者: リンピクネット,クラ…

エルヴィス・ザ・スピリチュアル

『エルヴィス・ザ・スピリチュアル』 ジェス・スターン、ラリー・ゲラー著、林陽訳、曙出版エルヴィス ザ・スピリチュアル作者: ジェススターン,ラリーゲラー,林陽出版社/メーカー: 曙出版発売日: 1991/05メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る…

「『ダ・ヴィンチ・コード』関連の本」更新

資料ページとして作った「『ダ・ヴィンチ・コード』関連の本」を更新しました。 『「ダ・ヴィンチ・コード」イン・アメリカ』の書評や、新たな本を追加しています。 フリーメイソンリーなど秘密結社の事情に詳しい人が書いた本で、かなり面白いです。http://…

『ダ・ヴィンチ・コード』を読んだ

ネタバレはしてないつもりです。 年間に200〜300冊の本に目を通すだろうという人間が、小説というものを読む頻度は5年に1冊ぐらいだろう。 ときによっては、ノンフィクションだと騙されて小説を読んでしまい、あとで後悔することも。 このように、徹底してフ…

ちょっと読んでみたいかもしれない本たち

苦難の乗り越え方作者: 江原啓之出版社/メーカー: PARCO出版発売日: 2006/04/15メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (22件) を見る苦難の乗り越え方、江原啓之 今までの本と、ちょっと毛色が変わってるかも。 ツインソウル―死にゆ…

キリスト教専門書店(銀座教文館)

今日は久しぶりに神田神保町の古書店街へ行ってきた。 これから執筆しようとしている『ヴィア・ドロローザ−イスラエル聖地巡礼記』の資料収集のためだ。 また、『聖母と聖女−ルルド巡礼の記』も改訂しようと思っているので、ルルドの奇跡や聖ベルナデット(…

新聞でみつけた本たち

今日の朝日夕刊の広告から。 グーグル完全活用本 (知的生きかた文庫)作者: 創藝舎出版社/メーカー: 三笠書房発売日: 2006/02メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 30回この商品を含むブログ (63件) を見るグーグル完全活用本 これは欲しいかも。Googleの知らな…

ユダの福音書

1970年代にエジプトで発見されたパピルス紙の束が、専門家による修復鑑定作業の結果、初期キリスト教の幻の外典「ユダの福音書」の約1700年前の写本だと確認されたという。 イスカリオテのユダといえば、聖書ではイエスを裏切った悪者のイメージがある。 だ…

読めば宮古

宮古島で思い出したのが、この本。 ちょうど沖縄・宮古島に新婚旅行に行った頃に出て、かなりのベストセラーになったと聞いています。 とにかく抱腹絶倒で、宮古島が好きな人ならば、ぜったいにウケるでしょう。 でも、宮古が好きな人ならば知らない人はほと…

アジアのスピリチュアリティ(アジア遊学)

文化人類学者の塩月亮子さんから、本を謹呈されたので、紹介する。 『月刊アジア遊学』No.84「特集 アジアのスピリチュアリティ」というもの。 これは一応形的には月刊誌というのだろうか。 定期的な連載記事のようなものはなく、約250頁のすべてが特集記事…

カミングヮ―家族を癒す沖縄の正しい家相

カミングヮとは、沖縄で「神の子」という意味がある。 MIXIのある人の日記で、井戸を埋めると霊的に災いがあるという話題があって、そのコメントとして、この本を紹介しておいた。 以前にこのブログで、当然紹介していただろうと思って、検索してみると、見…

うしろの始皇帝

数週間前に品川の書店で見つけて、思わず買ってしまった。 『ムー・スーパーミステリーブックス』なんて、あんまり定価で買いたくないものだが、最初の方を立ち読みしてみて、あまりにも面白かったので。 『うしろの始皇帝』、つのだじろう著、学研うしろの…

失われたイエス・キリスト「天照大神」の謎

以前、近所のブックオフで105円で買ったもの。 この手の本は、定価ならば買わないかもしれない。 飛鳥昭雄・三神たけるのコンビによる「ムースーパーミステリーブックス」の1冊だ。失われたイエス・キリスト「天照大神」の謎 (ムー・スーパー・ミステリー・…

日本書紀の謎を解く−述作者は誰か

昨日読み終えたばかりの中公新書の1冊。 日本書紀の謎を解く日本書紀の謎を解く―述作者は誰か (中公新書)作者: 森博達出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 1999/10メディア: 新書購入: 4人 クリック: 15回この商品を含むブログ (23件) を見る わが国最初…

『次に来る大地震は○○だ!』

「あとで書きます」と書いたけれど、実は明日また聖地巡礼に行かなくてはならなくなり、あんまり時間がありません。 明日はまた江島神社と走水神社で地震・火山噴火沈静の祈りです。 「1冊の本で救われる命があるかもしれない」 そんなことを思わせる本がこ…

古代イスラエルと日本を考える5冊

本当に時間がなくて溜息ばかり出てしまう今日この頃。 紹介しなければと思っているうちに、たまってしまった5冊をまとめて紹介する。 少なくとも私の中では、古代日本と古代イスラエルとの間に何の関係もなかったということは考えにくいほど、固まってきつ…

Livedoorブックスに注目

Livedoorというのはエロで儲けているイメージがあって、企業体質も好きになれないが、ブックスのサイトにはちょっと興味をもった。 その理由は、さっき初めて知ったのだが、新刊とリサイクル書籍を同時に購入できて、しかも1,500円以上で送料無料になること!

病気にならない生き方

今朝の朝刊の広告で、『病気にならない生き方』(新谷弘実著)という本を見つけて、ちょっと興味をもちました。病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-作者: 新谷弘実出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2005/07/08メディア: 単行…

Amazonショッピングカートの中身

最近Amazonで購入した本と、いまショッピングカートに入っている本(の一部…笑)を紹介します。 興味がある人もいるかもしれないので。 最近Amazonで購入した本(順不同、ユーズドストア商品を含む) 論集 騎馬民族征服王朝説 (古代文化叢書)作者: 江上波夫,…

神に追われて

下で書いた『宮古島の神と森を考える会』シンポジウムの話題に関連して。 この会の会長である谷川健一氏といえば、あの衝撃的な『神に追われて』というノンフィクション的小説はいつまでも忘れられません。 絶版になってしまったのが本当に残念です。 以前に…

十部族は日出る処へと向かった〜アイデルバーグ氏死去

今日は故人の話題ばかりですが…。 『古代出雲イスラエル王国の謎』(小石豊著)という本の中で、ヨセフ・アイデルバーグ氏が交通事故で亡くなられていたことを知りました。古代出雲イスラエル王国の謎―神社に隠された日本人のルーツ (ムー・スーパーミステリ…

最近読んだ本

ぼくは平均して月に10冊〜20冊ぐらい本を読みます。 次から次へと読んでいって、このブログで読書ノートを書いている暇がないんですね。 せめて書名だけでも書いておきます。 どういう本か知りたいという人がいたら、コメントつけてくれれば、もっと詳しく紹…

古代の光通信

『古代の光通信』(横地勲著、のぶ書房、2004年、1,600円)古代の光通信作者: 横地勲出版社/メーカー: 図書出版のぶ工房発売日: 2005/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る ネットあることを調べているときに見つけて、即Amazonで注文した。…

古代日本の渡来勢力

古代日本の渡来勢力 宋潤奎・著 街と暮らし社 413頁、B6 2,604円(税込) 古代日本の渡来勢力作者: 宋潤奎出版社/メーカー: 街と暮らし社発売日: 2003/05メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る この本は、ちょうど8月に九州聖地巡礼をするちょっ…

滝行―大自然の中、新しい自分と出会う

先日の記事でちょっと話題にした本です。↓ http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20050824/takigyo 『滝行―大自然の中、新しい自分と出会う』、佐藤美知子著、コスモス・ライブラリー滝行―大自然の中、新しい自分と出会う作者: 佐藤美知子出版社/メーカー: コスモ…

図説・日本の神々を知る神道

さいきん聖地巡礼や祈りの方法などを書いている関係上、神社の参拝の作法を知りたいという声がこちらに届きます。 また、江原啓之さんの影響もあると思いますが、たとえば若い女性たちの間でも、神社へ参拝する人たちが増えているみたいですね。 それで、手…

スピリチュアルな人生に目覚めるために(江原啓之)

数日前に読み終えた本です。 『スピリチュアルな人生に目覚めるために』(江原啓之著、新潮文庫)スピリチュアルな人生に目覚めるために―心に「人生の地図」を持つ (新潮文庫)作者: 江原啓之出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/10メディア: 文庫購入: 1人 …

本のバトン

本のバトンを回した中で、fukkoさんが既にブログで書いてくれました。↓ http://blog.livedoor.jp/crystalwaters/archives/28468583.html fukkoさん、バトンを受け取ってくれて、どうもありがとう。 ほんとに脱帽するほどの過去生への探究心ですね。 「デジデ…



スポンサード リンク




Copyright (C) 2004-2016 Naoya Momose. All Rights Reserved.